2007年02月07日

大竹伸朗展「全景」 手ぬぐい

先日、といっても昨年の12月になってしまうのだが、東京都現代美術館の大竹伸朗展「全景」に行ってきた。

いやもうこの展示が凄かった。
今まで見た個人展の中で、質 x 量の観点からは文句なしに一番だろう。

んで、おみやげで買ったのがこの手ぬぐい。
<以下、性的に不快な表現を含みます>










ohtake.JPG

いやー。これはひどい。
文句なしに今まで買った中でのワーストワン手ぬぐいである。
「コスプレイ」って何だ。

使い道もないし人に自慢もできないし、まあでもそんなに文句言うなら買うなよ、自分。



ラベル:大竹伸郎
【関連する記事】
posted by カミチョフ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | マニアックな手ぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大竹伸朗
Excerpt: 大竹伸朗大竹 伸朗(おおたけ しんろう、1955年10月8日 - )は、日本の現代美術家。東京都目黒区出身。1974年、東京芸術大学に落ち、武蔵野美術大学油絵学科に..
Weblog: みずほの日記
Tracked: 2007-09-11 09:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。