2006年08月08日

沖縄旅行記A 首里城手ぬぐい

沖縄について、続き。

会社の旅行は終わり、土日は自由行動となる。

土曜日。
朝は自転車でホテルの周りをうろつく。
okinawa2-1.jpg

こんな感じの田舎町。異国情緒たっぷりだ。

その日は首里城へ。
okinawa2-2.jpg前回来たときには修理中で本殿を見ることができなかったので、ようやく世界遺産が見られてうれしい。
世界遺産にしてはちょっと小さい気もするが、中国様式と日本様式が微妙に混ざっている様は
歴史を感じさせて非常に興味深い。

さて、もちろん手ぬぐいを買った。
syuri.jpg

格好いい。

ちゃんと名前がついている。
「雲取に松枝垂桜燕文様」だ(くもとりにまつしだれざくらつばめもんよう)
これは、「苧麻浅地雲取に松枝垂桜燕文様紅型単衣装」と言われる衣装のデザインからとっているらしい。

説明にいわく、
「風邪になびく枝垂桜と今にも飛び出してきそうな燕の躍動感に、
落ち着いた松や雲のデザインが対照的で全体の構図を引き締めています。
艶やかな色彩とバランスのとれた構図の古典的な紅型の文様を手ぬぐいにしてみました」
とのこと。

てぞめ。

これは相当にクオリティが高い。色使いがお見事。本物の衣装を元にしているのもうれしい。
syuri2.jpg

燕を見るとよく分かるが、微妙なグラデーションが最高。
沖縄に来て良かったと思わせる手ぬぐいだ。

今回の旅のクライマックスでした(個人的に)。

翌日以降は、

牧志市場(ぶたさん)
okinawa2-3.jpg

名護の大滝(片道40分くらいの山のなか)
okinawa2-5.jpg

辺戸岬(ちょっとこの像はひどいんじゃないか)
okinawa2-6.jpg

などなどを見て回った。
大満足。手ぬぐい的にも旅行的にも実りの多い沖縄となった。
やっぱ沖縄、最高。







おまけ。
帰る途中の道の駅で。
国体記念だそうだ。
okinawa2-7.jpg



posted by カミチョフ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(2) | ご当地手ぬぐい 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サイト限定・期間限定(8/29??10/5出発)ツアー!!ツアー・ザ・バーゲン【東京発沖縄】
Excerpt: 東京発沖縄行の期間限定ツアーのご紹介です!沖縄旅行予定の方必見ですよ!
Weblog: マイレージサービス情報ドットコム
Tracked: 2006-08-18 15:08

琉球一週間旅 3/5 【沖縄県首里城】
Excerpt: 首里城公園オリジナルてぬぐいです。 首里城内のお土産屋さんで買いました。1575円也。 派手な公式ページ この手ぬぐい、正式には 雲取に松枝垂桜燕文様 くもとりにまつしだれざくらつ..
Weblog: そのいちとてぬぐい
Tracked: 2007-01-21 21:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。